スポンサードリンク

アロマオイル

アロマオイル(精油)と足湯は相性が良いといえます。アロマオイルを足湯にスプーン1杯加えることで、アロマオイルの香りが広がります。好きな香りをかいで、深い呼吸をすることで、不安定な気持ちやうつ気分を解消できます



これは、アロマオイルの好きな香りをかぐことで「快の感情」が生まれ、アロマオイルの成分が鼻や皮膚を通して体内に入ることでも「快の感情」が発生することによるといわれています。それが脳に伝わり、自律神経系、免疫系、ホルモン系の働きに作用し、心と体のバランスを整えます。人間が本来持っている自然治癒力などの力を助ける作用がアロマオイルにはあるといわれています。



安全で有効なアロマオイルを選ぶポイントは、100%天然であること、産地、学名、栽培方法、抽出方法がしっかりと明らかにされているアロマオイルを選ぶことが大切です。農産物と同じですから、毎年、香りも異なり、消費期限もあります。



したがって、保管には高温多湿を避けるなど注意が必要です。そして、使用するにあたっては、アレルギーなどしっかりと体質を確認することも大切です。



妊婦、幼児、てんかん患者、がん患者、敏感肌の人などには使ってはならないアロマオイルもあります。特に体の状態が、普通の人と異なる妊婦には注意が必要です。例えば、クラリセージは、妊婦やがん患者に、オーガニックワイルドミントは、乳幼児、妊婦、授乳中の女性、てんかん患者に、ネロリは妊婦に使用不可です。ウインターグリーンは、皮膚刺激があることで敏感肌の人は避けるべきです。

アロマオイル 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。