スポンサードリンク

ヤーコン

ヤーコン(yacon)が、ダイエットに効果があるとされています。ヤーコンは、南米アンデス山脈地方原産のキク科の多年生植物です。学名は Smallanthus sonchifolius ( Poepp. ) H.Rob. ( syn. Polymnia sonchifolia )。


ヤーコンは、地下にサツマイモ似の大きなイモをつけることから根菜類のひとつといえます。ヤーコンのイモの部分にはフラクトオリゴ糖と食物繊維が豊富に含まれていて、普通のイモにあるようなデンプンはほとんど含まれていません。



フラクトオリゴ糖は腸内ビフィズス菌を増加させる作用があるので、腸の状態を整える効果があります。オリゴ糖以外にはポリフェノール類、ビタミン、カリウムやマグネシウムなどのミネラルなどが含まれています。



ヤーコン茶として利用される葉にもフラクトオリゴ糖が豊富に含まれています。さらにヤーコンにはクロロゲン酸が豊富に含まれています。ポリフェノールの一種で、タンニンとよく似た働きをします。 クロロゲン酸は肝臓での脂肪燃焼を促進する作用があると考えられておりダイエット効果があるとされています。



より効果的なダイエット法としては食後3時間後にヤーコン茶を飲み、その1時間後に運動をする、という方法があります。食後に時間を置くのは、食後の血糖値が高い状態では、脂質よりも糖質のほうが先に燃焼されてしまうからです。



また、運動はあまり激しいことをする必要はなく、30分間続けられるような、ジョギングや水泳などが適しているとされています。



ヤーコンの葉には、セスキテルペンラクトンも含まれています。セスキテルペンラクトンは、炎症の抑制作用や血管平滑筋の細胞構造の改善作用を示し、動脈硬化症の予防や治療の助けとなるとされています。

ヤーコン 最新一覧 By 楽天
| ヤーコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。