スポンサードリンク

深呼吸ダイエット

深呼吸をするだけでダイエット効果があるとする深呼吸ダイエットがあります。深呼吸というのは、静かにゆっくりと呼吸する事で、酸素を必要以上に、取り入れないようにする作用があります。



健康ブームで人気のヨガなども呼吸法が基本とされています。例えば、気功法による呼吸は、自律神経機能や、情緒の安定に良いということが経験的に知られています。呼吸をすることでもたらされる、からだへの影響については、1960年代以降になってから、研究されるようになったものです。



深呼吸をすると、脳波において、α(アルファー)波の周期数(一分間の数)が減り、振れ幅は大きくなります。これは、感情が抑えられ、精神が沈静化すると考えられます。これによって、過食を予防することが出来、ダイエットにつながると考えられます。



深呼吸をすることは、さらに、副交感神経が緊張して、交感神経の緊張が押さえられることによって、血圧が低くなって、皮膚の小さな血管が拡がって皮膚の温度が上昇します。また、胃腸の運動が活発になって唾液や胃液の分泌も盛んになります。インスリンの分泌も盛んになって血糖値も低下します。



深呼吸法によって、腹筋や横隔膜が収縮することによって内臓へのマッサージ効果が期待でき、内蔵の血液循環も良くなることで食物の代謝や消化が促進され、便秘改善に効果があると考えられます。



深呼吸をすると、腹圧がかかり、腹部大動脈が圧迫されることによって、心臓への血液の流れが円滑になり、心臓循環器系も活性化され、冷え性改善にも効果があると思われます。



さらには、肝臓や脾臓のマッサージ効果が生じることで、そこで蓄えられている赤血球が放出され、血中の赤血球が多くなることで、体内の酸素供給が潤沢になり脂肪の燃焼が促進されることでダイエット効果を得ることを期待できるといえます。



また、自治医科大学の北村諭名誉教授らの研究グループによると、深呼吸をする際に人間の肺からプロスタグランジンI2という物質が生まれ、血液中に分泌されると報告されています。このプロスタグランジンI2は、1976年に発見された生理活性物質で、「血圧を下げる」「脳こうそく・心筋こうそくの予防」「動脈硬化の予防」など、生活習慣病の予防に役立つことがわかっています。



つまり、深呼吸をすることはダイエットだけでなく、健康効果をも望めるといえます。深呼吸ダイエットは、深呼吸をするだけですから、無料です。最も手軽なダイエット法といえます。

スポンサードリンク








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。