スポンサードリンク

ゲルマニウム温浴 効果

ゲルマニウム温浴に使用されるのは水溶性の有機ゲルマニウムです。ゲルマニウム (Germanium) は、元素記号 Ge、原子番号 32の元素で、炭素族の元素の一つです。



半導体の性質をもつゲルマニウムは、32℃以上の温度に接すると、ゲルマニウム原子核の一番外側の軌道を周遊している電子の一つがマイナス電子となって外へ飛び出し、増幅・整流するという電子的性質が知られています。



そして、ゲルマニウムは、半導体特有の、相手がプラスの電気を持っているとマイナスに、相手がマイナスの電気を持っているとプラスになる働きがあり、さらに、電気を帯びたものと結びつく性質もあります。



ゲルマニウム温浴では、42〜43℃の有機ゲルマニウム溶液で身体の2/3もの抹消神経が集中している手足を20分間温浴することで全身に効果を得ることが期待されています。



ゲルマニウム温浴の効果としては、ゲルマニウムの特性により人体の生体電流を整えて、自然治癒力を高め、血行を良くし、腰痛や肩こりの原因を取り除くよう働きかけると言われています。



したがって、主な効果・効能として、血行促進、発汗促進、冷え性・肩こりの改善、体内の酸素を豊富にする、老廃物の排泄(デトックス)促進、インターフェロンの誘発効果があり、これ等による体質改善効果が期待されていて、中でも発汗効果が大きいとされています。



しかし、これらの効果や効能は今のところ、科学的あるいは医学的に臨床実証されているものではないようです。

ゲルマニウム温浴器 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。