スポンサードリンク

L-フェニルアラニン

L-フェニルアラニンは、ダイエット効果が期待できるアミノ酸のひとつといわれています。L-フェニルアラニン (L-phenylalanine)は、体内で合成できない必須アミノ酸のひとつです。



L-フェニルアラニンは、L-チロシン(L-tyrosine)の原料になることで、脳内ではドーパミンやノルアドレナリン、アドレナリンなどの神経伝達物質の原料として使われます。そのほか、体内では多くのタンパク質において2〜5パーセントを占めています。



ノルアドレナリン(独: noradrenalin、英: noradrenaline)は食欲を抑え、アドレナリン(独: adrenalin、英: adrenaline)は、脂肪燃焼を促進する作用があるとされています。ちなみに、それぞれ、米国ではノルエピネフリン (Norepinephrine) 、エピネフリン (Epinephrine) として知られています。



また、L-フェニルアラニンから、L-チロシンとなりドーパミンに変換される中間物質のLドーパは成長ホルモンの分泌を促します。成長ホルモンは睡眠中に分泌され脂肪を燃焼させ、筋肉の成長を促すことから、ダイエット効果があるといわれています。



このとき、ビタミンB6とやはり成長ホルモンリリーザーであるアミノ酸のオルニチン、アルギニン、トリプトファン、グルタミン、グリシンと一緒に摂取するとよりダイエットに効果的といえます。



L-フェニルアラニンはエンドルフィンの活性を正常なレベルにまで回復させる作用があるとされています。エンドルフィン (endorphin) は脳内で機能する神経伝達物質のひとつで、モルヒネ同様の作用を示すことから、脳内麻薬と呼ばれています。



そして、アルファ、ベータ及びガンマの各エンドルフィンがよく知られています。その中でも、ベータ・エンドルフィンは苦痛除去の時に最も現れるとされていて、モルヒネに比べて6.5倍の鎮痛作用があるとされています。



L-フェニルアラニンはアルファ、ベータいずれのエンドルフィンにおいてもその活性を高め負傷、病気等による痛みを鎮める作用が期待されています。



慢性的な痛みに苦しんでいる人はエンドルフィンの活性のレベルが落ちていますが、フェニルアラニンはエンドルフィンの活性を正常なレベルにまで回復させるので薬品に頼らず体が自然に痛みを軽減させる助けとなります。



L-フェニルアラニンは、強力な抗うつ薬としての働きもあるとされ、習慣性が無く、安全性の高い薬剤のひとつと考えられてもいるようです。また、血圧調節作用や記憶力と精神の鋭敏さを向上させる作用があるとされています。また、性的興味を高める作用を期待できるともされています。



ただし、L-フェニルアラニンは血液脳関門を通過する際にトリプトファンと同じチャネルを使用していることから、大量に存在するとセロトニンの生成を阻害してうつ症状において逆効果となることがあると指摘されているようです。



L-フェニルアラニンは、天然成分ですが、他に、合成によって作り出された、D-フェニルアラニン、DL-フェニルアラニンが存在し、他のアミノ酸と異なり、この3つのタイプがそれぞれ利用されています。



ラセミ体の DL-フェニルアラニン (DLPA) はサプリメントとして利用されています。DLPA は慢性疼痛やうつ病、あるいは月経前症候群による情緒不安定に有効な場合があるとされています。また、ADHD(注意欠陥多動性障害)の発症者の活力や注意力・集中力を増進させるという報告もあるようです。



L-フェニルアラニンはチーズ、大豆加工食品、脱脂粉乳、肉類、魚貝類、卵などの多くの高タンパク食品に含まれ、ビタミンB12と一緒に摂取することによって、多発性硬化症や神経、筋肉に良い効果があります。



L-フェニルアラニンの摂取目安は、成人男性の場合、1日の必要量は体重1kg当たり14mgとされています。食事の1時間前に水や100%ジュースと一緒に摂ることで食欲を抑制しダイエット効果を期待できます。



過剰摂取では、血圧を上げることがあります。高血圧、妊娠中、不安、発作、糖尿病、フェニルケトン尿症、皮膚癌の人はサプリメントの摂取は避けるべきといえます。



フェニルアラニンは肉類、魚貝類、卵、チーズなどのたんぱく質に多く含まれていて、ビタミンB12と一緒に摂取することによって、多発性硬化症や神経、筋肉に良い効果があります。



うつ症状の緩和などには、食間に水や100%ジュースと一緒に摂り、その際、たんぱく質、菓子等甘味と一緒に摂らないこと、また、ビタミンB群(B6)とは一緒に摂りたいところです。

フェニルアラニン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。