スポンサードリンク

黒豆茶

黒豆茶が、血液サラサラ効果があり、ダイエットにも効果があるといわれています。黒豆茶とは、焙煎した黒豆(黒大豆)を煎じたお茶のことです。黒豆茶は、ほのかな甘さがあり、黒豆の成分を手軽に効率よく摂取する優れた方法といえます。



黒豆には、アントシアニンが含まれています。アントシアニン(anthocyanin)は、様々な植物に含まれている水溶性の色素で、花や果実の色となっている成分です。フラボノイドの一種で、抗酸化物質として知られています。



アントシアニンには、デルフィニジン(Delphinidin)、シアニジン(Cyanidin)、ペラルゴニジン(Pelargonidin)、マルビジン(Malvidin)、ペツニジン、ペオニジンなど15種類が知られています。黒豆のアントシアニンは、96%がシアニジンとされています。



シアニジンはアントシアニンの中でも特に強い抗酸化作用があり、血液をサラサラにしたり、体内の脂質を体外に排泄させるのを促進させる働きや、腸管での吸収を抑える働きがあると考えられています。



さらに、その抗酸化作用は、細胞の保護および循環器疾患と悪性腫瘍の予防や改善に効果があるとされ、肥満や糖尿病の抑止においても効果が期待されています。



黒豆は、大豆の一種ですから、大豆イソフラボンを含んでいます。大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするので、ホルモンのバランスを整えて、更年期障害や生理不順などの改善に役立ちます。また大豆イソフラボンは、体内からカルシウムが出ていくのを防ぐ働きがあり、黒豆茶自体にもカルシウムを含んでいるので骨粗鬆症予防に効果が期待されています。



黒豆には、大豆オリゴ糖(Soya-oligosaccharide)が含まれていて、甘味度は砂糖の70%ですが、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、脂肪や糖分の吸収を抑えてくれます。加えて、水溶性食物繊維であるペクチンやスクワレン、脂肪吸収を抑える大豆サポニン(Soya-saponin)などが加わり、便秘にそして、アンチエイジングに効果があるといえます。



黒豆茶を毎日飲むことは、毛細血管を保護・強化、動脈硬化の予防、がんの抑制効果、認知症の予防、そして、活性酸素を無害化することで様々な健康効果を期待できるとされています。

黒豆茶 最新一覧 By 楽天
タグ:黒豆茶
| 黒豆茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。