スポンサードリンク

豚ヒレ肉と冷え性

豚ヒレ肉が女性に多いといわれる冷え性に効果があるようです。貧血ぎみで立ちくらみしやすかったり動悸がする様な人で冷え性に悩んでいる人には、豚のヒレ肉がいいようです。



豚のヒレ肉はミネラルの鉄分が豊富です。鉄分は血液中のヘモグロビンの必須成分で、血行を促し、貧血を予防する働きが期待できます。



豚のヒレ肉はビタミンB群を豊富に含んでいます。特にビタミンB1は豚バラ肉の2倍、牛肉の10倍含んでいます。



豚のヒレ肉に豊富に含まれるビタミンB1は、ご飯やパンをエネルギーに変える際に重要な働きをします。ご飯やパンなどの炭水化物は、体内で消化吸収され、ブドウ糖になります。



ブドウ糖は肝臓でエネルギーに変えられますが、このとき必要なのがビタミンB1です。ビタミンB1は、ブドウ糖からのエネルギー産生と、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。またブドウ糖を栄養源として使っている脳神経系の正常な働きにも関係しています。



豚のヒレ肉100gには1.34mgのビタミンB1が含まれ、1日の必要量1.0g(成人の場合)を満たしています。また、ビタミンB1を効率よく吸収するためには、にら、にんにく、玉ねぎと一緒に調理するのがおすすめです。これらの野菜に含まれるアリシンという物質が、ビタミンB1と反応してアリチアミンを生じます。このアリチアミンは水に溶けにくく熱にも強いため、調理による損失が少なくてすみます。



また、豚のヒレ肉に含まれるミネラル成分では鉄分以外にも、リン、カリウムなどが豊富です。リンは骨や歯を作り、神経や筋肉の機能を正常に保つ作用があり、カリウムは体の水分バランスを整え、摂りすぎ勝ちな塩分を効果的に排出し、むくみの解消、糖尿病予防、またダイエットの効果も期待できます。



脂肪分がもっとも低い豚のヒレ肉は、貧血予防や体内のエネルギー産生を高めることで冷え性改善に効果があると考えられています。

豚のヒレ肉 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。